産後専門骨盤矯正

ホームページが新しくなりました。
お手数ですが、以下のボタンをクリック願います。

他院との違い??

それは・・・

背骨までも一緒に調整し、全身の骨格を整えちゃうんです!!

下の写真は初回施術前

2回目施術後(1週間後)の写真です。

2回目施術後

☆足の開き

☆頭の位置
☆胸の位置
☆お腹の具合
☆全体的なバランス


確認して下さい。

この患者様
最終的には骨盤サイズが

3.5センチ短縮しました。

骨盤の間、若しくは大腿骨の間が少なくとも1~3センチダウンを目指します。

その矯正、骨盤をちゃんと締めてもらえましたか・・・?


その矯正、股関節をちゃんと矯正してもらいましたか・・・?


その矯正、あなたの体は明確に変わりましたか・・・?


産後3年未満なら、初回で違いを実感頂けます!!
5年未満でも、結果出てます!!
10年未満でも頑張ります!!


ぽっこりおなか 諦めてませんか・・・?


産前のジーンズ 仕舞い込んでないですか・・・?


がに股のまま 歩きますか・・・?


肩こり、腰痛、その他産後の症状、二人目不妊までも改善。


だんだん、締まらなくなりますよ。


初回に自信あり!!

『現在ホームページ見た!!』で、¥1000。

お試し価格!
7000円→→→→→1000円


無理に次回の勧誘は致しません。
この機会に、お早めにご相談下さい。

普通の骨盤矯正と

きりん式産後専門骨盤矯正の違いとは??


ご出産おめでとうございます。

一般的な骨盤矯正と産後骨盤矯正の違いをご説明します。

骨盤矯正といってもやり方は様々です。

腰をひねってボキボキ鳴らすもの、特殊なベッドを使うもの、ブロックを使うもの、特殊な機器を使うもの、ベルトを使うもの、骨盤体操など、いっぱいあります。

どれにしても、骨盤の歪み、ズレを治すものです。

これは普通の骨盤矯正でも、産後の骨盤矯正でも共通する部分です。

しかし、産後骨盤矯正の場合はあと2点矯正しなければなりません。

それは・・・・・。

骨盤の開きと股関節の開きです。

骨盤の開き・・・・

妊娠して出産までの間にリラキシンというホルモンが分泌され、関節部分の結合が緩み、骨盤が徐々に開いていきます。この緩みが妊娠中の腰痛の原因にもなります。

この開いた骨盤は産後1ヶ月の間に閉じようとしますが、家事や育児も重なって上手く閉じない場合や、ズレたまま固定されることがあります。

(ちなみに、美容大国韓国では骨盤をきれいに元に戻すため1ヶ月入院するところもあるようです。)

まぁ、もともと10ヶ月かけて開いたものが、そう簡単には戻らないということです。

股関節の開き・・・

妊娠中のママさんを想像してみてください。

みんな、がに股っぽくなっていませんか・・・?

おなかが大きい分、外側に開きやすくなっているんです!

この2点がいわゆる産後の特徴であるお尻のたるみ、ぽっこりお腹、産前のジーンズが履けないということに繋がります。

産後のママさんへ

一般の骨盤矯正は骨盤のズレや捻じれを元に戻す矯正ですが、産後の骨盤に対してはそれだけでは

浅いと思うんです!!

妊娠中10ヶ月を要して開いてきた骨盤は、そう簡単には戻りません

①骨盤のズレ
②骨盤の開き
③股関節の開き

この3点を整えていくことで産後の骨盤矯正は完了します。

施術自体はボキボキしませんし、ほぼ無痛です(筋肉が硬い人、痛みに敏感な人は少し痛みを感じるかもしれません)。

産後の寸胴体系、デニムが入らない、お腹のお肉が落ちない、体重が減らない、お尻がたるむなど、気になることがある方は、ぜひご相談ください。

産後の骨盤をしっかりと理解した国家資格者が施術をさせて頂きます。

上の写真の距離を縮めます。

産後骨盤矯正の時期

1️⃣ 基本的には、産後1ヶ月検診で子宮の収縮がみられれば施術OK(医師がそれ以前でも許可するならその時点から可能)


2️⃣ 帝王切開のケースは基本的に産後2ヶ月から。


3️⃣ 産後1ヶ月~10年までが基本的には対象であるが、時が経てば経つほど戻りは悪くなります。


⭐️ ベストのタイミングは産後2~6ヶ月です。

あまり遅くならないように注意しましょう。
妊娠前の綺麗なスタイルを取り戻したい、腰痛尿漏れが気になるなど、妊娠前と身体の調子が違う方はご相談ください。
他の場所で既に施術した方もご相談頂ければお話できることがあるかも知れませんよ。